SSLとはなにか


SSLとはwebサイトとの通信を暗号化して保護する機能の事です。

実際に使われている例としてはショッピングサイト等で
名前や電話番号やクレジットカード情報などの個人情報を入力するページで
URLが「http:」ではなく「https:」となっているのがSSLを使用しているページです。
「https:」となっているページからデータを送信するとデータを暗号化して通信します。

このSSLは共有SSLと独自SSLと2つあります。




■独自SSL
独自SSLは取得した独自SSL証明書をレンタルサーバーに適応させる事で使用できます。
この独自SSL証明書は購入する事で取得でき、サイトシールという
「安心できるサイト」画像をサイトに表示させる事もできます。

使い方は簡単でアクセスさせるurlを「http:」ではなく
「https:」に変える事で使用中になります。

独自SSL証明書はいくつか種類がありレンタルサーバーが対応していない場合もあります。
サイトの引越しの際にはご注意を!


■共有SSL
共有SSLはレンタルサーバー側が取得しているSSLです。
機能的には全く問題はないのですが使用するとレンタルサーバーのURLになってしまいます。

例えば「https://rentalservermania.com/」が
共有SSLを「さくらレンタルサーバー」で共有SSLを使用した場合
「https://secureNNN.sakura.ne.jp/rentalservermania.com/」
となります。
※ 「NNN」は収容されているサーバと同じ数字です。

このようなURLの移動がユーザーに不安を抱かさせる可能性もあるとされ
企業では独自SSLを使う所が多いです。

スポンサーリンク