Speever 仮想専用サーバー(VPS) Linux専用プランの特徴・プラン情報・評判まとめ

Speever 仮想専用サーバー(VPS) Linux専用プランの概要

WebARENA
SpeeverのVPSはライド株式会社の提供するVPSです。
キャンペーンでリモートサポートが無料です。

Speever 仮想専用サーバー(VPS) Linux専用プランの価格比較

12ヶ月契約なら
メモリ CPU 容量 月額換算 初期費用
1GB 1コア 100GB 1500円 0円

OS
・CentOS5
・CentOS6
・Debian6
・Ubuntu12

その他スペック

仮想化技術 Virtuozzo

オプション

オプション 月額料金 備考
グレードアップパック1 1500円 容量+100 メモリ+1G CPU+1
グレードアップパック2 2500円 容量+300 メモリ+3G CPU+3
グレードアップパック3 3500円 容量+400 メモリ+5G CPU+5
Parallels Plesk Panel 12(10ドメイン版) 500円
Parallels Plesk Panel 12(100ドメイン版) 1500円
Parallels Plesk Panel 12(ドメイン無制限版) 3000円
Plesk Power Pack 1000円
Plesk Anti-Virus(Drweb) 1000円
オプション 初期費用 月額料金
追加IPアドレス 5,000円 1,000円
SEO対策ツールPlus 5,000円 3,300円~
Web改ざんチェックサービス 5,000円 3,300円~
ウィルス&スパムリジェクター 3,000円 1,300円~
監視サービス 0円 0円
自動復旧サービス 20,000円 20,000円~

Speever 仮想専用サーバー(VPS) Linux専用プランの評判・感想

SpeeverのLinuxVPSは有料オプションで機能を追加するタイプのVPSです。
コントロールパネルは有料オプションでParallels Plesk Panelが用意されています。

マネージドサービスも充実しています。
サポートもリモートサポートという自身のコンピュータをServerQueenの技術者が
遠隔操作しサポートしてくれるサービスがキャンペーンにより今なら無料で
受けられます。

他サポートについては
メールサポートと電話サポートがあります。
営業時間は祝祭日を除く月曜日~金曜日の9:00~18:00です。

メールサポートの回答は翌営業日以降になります。

スポンサーリンク