最新!みんなが実際使っているレンタルサーバーランキング|個人編

みんなが実際使っているレンタルサーバーランキング|個人編

自分のホームページやブログを公開するために、個人でサーバーを持って管理するのは大変ですね。そんなとき便利なのが、決められた容量のサーバースペースを定額で利用できるレンタルサーバーです。

一昔前は敷居が高いイメージでしたが、最近は個人向けのリーズナブルで簡単なサービスも増えてきました。そこで、個人(個人事業主以外)利用者の方を対象に、現在利用中のレンタルサーバーとその理由を聞いてみました。

新規でレンタルサーバーの利用を考えている方や、乗り換えを検討中の方は必見のアンケートです。

【個人(個人事業主は含まず)でレンタルサーバーを利用している方へのアンケートです】現在利用しているレンタルサーバーは?

現在利用しているレンタルサーバーは?

質問:
【個人(個人事業主は含まず)でレンタルサーバーを利用している方へのアンケートです】現在利用しているレンタルサーバーは?

第1位:◆1位「ロリポップ」を選んだ人の声

電話でのサポートにも対応していて
サイト運用にあたって欠かせないツールです。(女性・兵庫県45歳)

ネットショップを運営するのに便利だったので。(男性・愛知県25歳)

博多弁だったのが気になったから。同郷なのが嬉しくて(女性・富山県29歳)

本アンケート1位は総数の40%を取ったロリポップでした。
多機能ながら優れたコストパフォーマンスが人気を博しているようです。
サイト上の「博多弁」が注目されるなど、親しみやすさもポイントです。

ちなみにロリポップは、「チカッパ」など博多弁ライクなおもしろプラン名だったのですが、2015/09/07に今のスタンダードなプラン名に変更されました。寂しいような、わかりやすいような。

>>ロリポップの詳細はこちら

第2位:◆2位「さくらインターネット」を選んだ人の声

検索した際にたまたま目立っていたので利用しています。特に問題なく気軽に利用できています。これって結構優れている証拠かもしれません。(男性・愛知県35歳)

友達に教えられてこちらにしました。サポート体制もしっかりしていて満足です。(男性・愛媛県56歳)

利用する前にいろいろと口コミをみて、一番評価がよかったので。(女性・兵庫県21歳)

第2位は長い歴史をもつさくらインターネット。
検索すると上位ヒットする知名度の高さや、身近に利用者がいるなど「安心感」で選ばれる傾向がありました。サポート体制の良さにも高評価が集まっています。

>>さくらインターネットの詳細はこちら

第3位:◆3位「99円レンタルサーバー」を選んだ人の声

ホームページの説明がとても丁寧で使いやすいと思ったので(男性・千葉県40歳)

広告なしで個人ホームページで利用するには
99円サーバーで十分でしたので(男性・神奈川県37歳)

月額が安いのにひかれて利用を開始しました。(女性・京都府45歳)

第3位の99円レンタルサーバーはその名の通り99円からレンタル可能な格安サーバー。
安くて簡単、機能に無駄がないという意見が主でした。
そして管理人的には完全に予想外でした(失礼)。シンプル、低コスト、わかりやすさが揃っている点が、インターネット上級者の支持を集めています。


>>99円レンタルサーバーの詳細はこちら

まとめ 個人向けで人気のあるレンタルサーバーの傾向とは?

改めて個人向けレンタルサーバーランキングを振り返ってみると、上位10位は以下のようになりました。

 1位 ロリポップ
 2位 さくらインターネット
 3位 99円レンタルサーバー
 4位 その他
 5位 ミニバード
 6位 お名前.com
 7位 エックスサーバー
 8位 ラクサバ
 9位 GMO WP Cloud
10位 ヘテムル

上位のロリポップ、さくらインターネット、99円サーバー以外の注目点としては
価格が安いのに能力的には価格帯の1つ上のランクをもっている「ミニバード」が5位に、そして高性能サーバーの代名詞のような存在である「エックスサーバー」も7位に入ってきています。

個人利用者を対象としたアンケートということもあり、「個人向け」を謳ったシンプル機能のレンタルサーバーが多く選ばれていた印象です。

用途も個人ブログやホームページの管理が中心で、付加機能ではWordPress連携やネットショップ開設機能が人気でした。
「無料ブログで広告が表示されるのがイヤ」など、ブログやホームページのオリジナリティを意識してレンタルサーバーに切り替えたユーザーも多数でした。

その反面、少数意見には異色のケースが目立っています。
「FXの24時間プログラムを維持するために利用している」「成人向け目的の利用OKの所を探すのが大変だった」「通信状況の重さを改善するためにあえて利用者の少なそうな所を選んだ」と、目から鱗のコメントも。



今回のアンケートの集計結果はこちらでまとめています。

スポンサーリンク