DNSサーバーとは

スポンサーリンク






DNSサーバーとは


実はサーバーへの通信はIPアドレスが必要であって
ドメインでは直接サーバーへ通信できません。

DNSとはDomain Name System(ドメインネームシステム)の省略で
ドメインでWebサイトを開けるようにするシステムで
DNSサーバーは、そのDNSを実現するサーバーです。

DNSサーバーはドメインとWebサーバーのIPアドレスを関連付けし管理しています。
よってDNSサーバーにドメインからIPアドレスを問い合わせすると
IPアドレスを取得する事が出来ます。

このIPアドレスを利用する事でデータ通信が実現しています。

レンタルサーバーで使うには


レンタルサーバーで独自ドメインを利用する場合は
プライマリネームサーバとセカンダリネームサーバに登録する必要があります。

例えば「さくらレンタルサーバー」でなら

プライマリネームサーバ ns1.dns.ne.jp
セカンダリネームサーバ ns2.dns.ne.jp

となっており、これにコントロールパネルから登録します。
登録後しばらく時間はかかる事はありますが
これでドメインでサーバーにアクセスできるようになります。

特集記事
特集記事
現在キャンペーンをやっているレンタルサーバー WordPress特化型レンタルサーバー特集
格安で使えるレンタルサーバー特集 電話サポートに対応しているレンタルサーバー特集
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク