PHPとは何か?

PHPは簡単に言うとwebサイトのプログラム言語です。

もう少し細かく言うとPHPはwebサイトに閲覧者がアクセスした時に働くプログラムです。
サーバー側で動き、その結果だけをブラウザに送信しwebサイトを閲覧者に見せます。




そのためブラウザからソースを表示さてもPHPのプログラム文は表示されません。
ただプログラムの動作した結果が表示されます。

逆にブラウザ側の処理になるwebサイトのプログラム言語の場合
例えばJavaScriptはブラウザからソースを表示させると
JavaScriptのプログラム文が表示されます。
ブラウザ側が動作するためにプログラム文を持つ必要があるからです。

このPHPを使うとhtmlだけでは出来なかった「文字の変換等の操作」
「ファイルの読み書き」「データベース操作」や「クッキーの操作」等々の
サーバー側のデータを操作するプログラムができます。

例えば、PHPを使えばWebサイトから名前等の個人情報データを送信されたら
それを受け取りデータベースへ保存する…なんて事が出来ます。


ただし、PHPはサーバー側で処理するプログラムなのでサーバーに負荷がかかります。
レンタルサーバーは高負荷をかけるプログラムを禁止している所が多いので
使う場合は注意して設置してください。

スポンサーリンク