ロリポップの特徴・プラン情報・評判まとめ

ロリポップの概要

ロリポップ

ロリポップはGMOペパボという会社が運営しているレンタルサーバーの1つです。GMOペパボは他にもヘテムルというサーバーのレンタルサービスをしていたりJUGEMというブログサービス等を提供していたりします。

ロリポップ自体は転送量の上限が高めに有るのでアクセスの多いサイトを作るのに向いています。また月額100円のオプション機能ですが「バックアップ機能」があります。

ロリポップのプラン毎の価格比較

プラン 容量 月額換算 初期費用
エコノミー 10GB 100円 1500円
ライト(~3ヶ月) 50GB 300円 1500円
ライト(6ヶ月~) 50GB 250円 1500円
スタンダード(~3ヶ月) 120GB 600円 1500円
スタンダード(6ヶ月~) 120GB 500円 1500円

無料お試し期間10日間あり!

利用価格は契約する期間によって変わります。
例えば標準的な機能の「ライトプラン」の場合、1ヶ月単位の契約であれば300円ですが、6ヶ月以上の契約であれば、250円/月で使用することが出来ます。(年間換算で600円お得)

上位プランであるスタンダードプランの場合、一ヶ月単位の場合600円、半年以上の契約であれば500円/月と、100円安く使用することが出来ます。(年間換算で1200円お得)

初期費用はエコノミープラン~スタンダードプランまで一律で1500円です。


ロリポップのプラン毎の機能

エコノミー ライト スタンダード
プログラム PHP 独自CGI可(Perl、Ruby、Python)
SQLite
CRON1個
SQLite
CRON5個
MySQL1個
SQLite
CRON10個
MySQL30個
自動
インストール
MovableType baserCMS ロリポップ!スタジオ(有料オプション)
WordPress XOOPS OpenPNE
concrete5 Drupal CakePHP
ドメイン 独自ドメイン20個
サブドメイン10個
マルチドメイン20個
独自ドメイン50個
サブドメイン30個
マルチドメイン50個
独自ドメイン100個
サブドメイン500個
マルチドメイン100個
セキュリティ WAF 国外IPアドレスフィルタ バックアップ機能(有料オプション)
独自SSL 共有SSL
メール ウェブメール メールアドレス無制限
迷惑メールフィルタ ウィルスチェック
メーリングリスト1個
メールマガジン1個
メーリングリスト5個
メールマガジン5個
メーリングリスト10個
メールマガジン10個
サポート メールサポート チャットサポート アクセス解析
電話サポート
シェルログイン(SSH)
転送量上限 40GB/日 60GB/日 100GB/日
※ロリポップ!スタジオ 利用料金月額980円で、オシャレなホームページが作れる有料オプションです。
※バックアップ機能 月額300円のオプション機能。7世代分のデータを自動で保存し、簡単に復元できます。


WordPressを使いたい場合は、MySQLが使える「ライトプラン」以上からになります。
また、ロリポップではサーバー容量の他に、「ロリポブログ」というブログを持つことが出来ます。

これはロリポップと同じGMOグループのサービスである「JUGEMブログ」を使用したもので、JUGEMの広告なし有料プランと同等のものを使うことが出来ます。(ちなみにJUGEMの有料プランは1ブログにつき月額324円)

この「ロリポブログ」は契約したプランによって開設数が異なり、エコノミープランでは1つ、ライトプランでは3つ、スタンダードプランでは5つ開設することが出来ます。

ロリポップのネームサーバー(DNS)一覧

プライマリサーバー uns01.lolipop.jp
セカンダリサーバー uns02.lolipop.jp

ロリポップの支払いが可能な方法

クレジットカード決済 VISA Master JCB Diners AmericanExpress
おさいぽ!決済
銀行振込み ゆうちょ銀行 一般銀行
コンビニ決済 LAWSON FamilyMart dailyヤマザキ Seicomart
MINISTOP CircleKSunkus 7ELEVEN

ロリポップの評判・感想

管理人は長い事ロリポップのライトプラン(旧ロリポプラン)を利用していますが、バランスの取れたサーバーという印象です。

ライトプランに最も近い他のサーバーはミニバードですが、どちらが良いとは、中々甲乙付けがたいです。どちらも300円以下でWordPressが使える格安プランです。

コントロールのパネルは以下のようになっています。


デザイン的にはポップな感じで、少々独特ではありますが、慣れてしまえば使い勝手としては悪くありません。WordPressの簡単インストールなどもすぐに出来ます。(要ライトプラン以上)
ログインがメールアドレス/パスワードでは無く、サーバー名/パスワードなので、最初は少し戸惑うかも知れません。

その他ロリポップは、ハイスペックサーバーを現在のエンタープライズプランだけでなく、順次全てのプランに適応させる事、独自に開発したphp高速化(=WordPressの高速化)アーキテクチャの実装など今後も色々なパワーアップが予定されており、長く使う上では大変心強いです。

>>ロリポップを使っている方の口コミ・レビューはこちら

ロリポップの特徴は『カラーミーショップ for ロリポップ!』という
誰でも無料でネットショップを開店できるサービスがある事です。
ネットショップをやってみたいなら、ここで試す事が出来ます。

各種プランでの違いは・・・

エコノミーでは月額100円という安い値段でCRONを使えます。
MySQLは使用していませんが
データベースとしてSQLiteを使用しているので
WordPressも自分でインストールすれば使えます。

スタンダードはライトに比べシェルログイン(SSH)機能が追加されています。
またMySQLの数がライトは1個からスタンダードで30個に
CRONの数がライトは5個からスタンダードで10個に
独自ドメインの数がライトは50個からスタンダードで100個に
サブドメインの数がライトは300個からスタンダードで500個に
マルチドメインの数がライトは50個からスタンダードで100個に
容量がライトは50GBからスタンダードで120GBに
パワーアップしています。

メーリングリスト・メールマガジンが
エコノミーで1個、ライトで5個、スタンダードで10個です。

また、サポートにはメールサポート・チャットサポート・電話サポートがあります。

メールサポートは24時間受付しています。

チャットサポートの受付時間は平日:9:00~19:00・土日:10:00~13:00・14:00~19:00です。
ただし祝日、ロリポップの指定日は休止となります。


そして2016/03/01よりスタンダードプランには電話サポートが追加されました。
電話サポートの営業時間は年末年始及び、ロリポップが指定する休業日を除いた平日の10時~18時です。

他にもロリポップには、ここで紹介した以外に法人向けのプランとして
エンタープライズプランが存在しています。

ロリポップのそれぞれの機能の設定方法はこちらの各サーバーの機能の設定方法で紹介しています。
サーバー選びの参考になれれば幸いです。

ロリポップ公式サイトはこちら↓


ロリポップの主な更新情報(最新3件)

4月18日 「マネージドクラウド」プラン新登場のお知らせ
4月18日 利用規約改定のお知らせ
4月18日 EC-CUBE 脆弱性についてのお知らせと簡単インストール機能3.0.16対応のお知らせ
スポンサーリンク
スポンサーリンク