マークアップ言語とは


マークアップ言語はWebページの表示方法を指定するフォーマットで
Webページに画像を表示させたり、文字の大きさや色を変えたりと装飾するのに使われます。


具体的には「html」「xml」「xhtml」等の拡張子のファイルです。
マークアップ言語の命令文はマークアップ言語の種類により異なりますが
基本的に「<」で始まり「>」で終わるタグと呼ばれる命令文と文章で構成されています。

マークアップ言語自体はPHPやjavascriptと組み込んでも使用できたりもできますので
拡張子が「php」のファイルでも使用しています。

他にも「css」というのもあります。
これは外部に命令をまとめて書いておいた物で
「html」から参照させて使う事ができるファイルです。

マークアップ言語はブラウザで開く事で実行できます。
多くのブラウザが基本的に対応していますが
ブラウザの種類で表示結果が微妙に違ったりしますので注意が必要です。

特集記事
特集記事
現在キャンペーンをやっているレンタルサーバー WordPress特化型レンタルサーバー特集
格安で使えるレンタルサーバー特集 電話サポートに対応しているレンタルサーバー特集
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク