ドメイン検索ツール

ドメイン検索ツール

独自ドメインは早い物勝ちのシステムです。 目的のドメインが他の人に取得されていると、その人がそのドメインを解約するまで自分が取得する事は出来ません。  
そんな独自ドメインの中から「取得可能な状態の空きドメイン」を調べるツールです。  
 
ドメイン検索ツール
ドメイン名  
.com .net .info .org
.biz .click .club .link
.shop .mobi .xyz .xxx
.sex .adult .porn .sexy
.red .blue .pink .black
.コム .みんな .co.jp .jp

 

使い方

このツールの使い方は…
  1. 「ドメイン名」のテキストボックスに調べたいドメイン名を入力。
  2. 調べたいトップレベルドメインのチェックボックスにチェックを入れる。
  3. 検索ボタンを押す。
これで現在、新規取得できるドメインかの判定した結果が、ドメイン名を入力した表の下に検索結果表が表示されるようになっています。   ただし、ドメイン名は3文字以上32文字以内という制限があります。 ※日本語URLなら15文字まで   また、ドメインには@や/等の記号文字が使用不可能という制限もあります。 ※ただし「-」は使用可能   それらの制限を超えたドメイン名を入力し「検索ボタン」を押すとエラーメッセージが表示されるようにしてあります。

ドメイン検索ツールの検索結果の見方について

ドメイン名を入力し調べたいチェックボックスでトップレベルドメインをチェックして「検索」ボタンを押すと検索結果を記す表が作成されます。   この表の見方は以下の通りです。
「検索」ボタンを押してから結果が返ってくるまでこれを表示します。その左側にドメイン名と「を調べています」と表示しています。 並列処理を行っているので、判定中の待ち時間にもgifのアニメーションが動きます。
もし空きドメインで有るという結果が返ってきたら、表示をからこれに変化させます。 そして、この左側にドメイン名を表記します。
もし空きドメインでは無いという結果が返ってきたら、表示をからこれに変化させ、その左にドメイン名を表記します。
 

動かない場合には…

このツールはJavaScriptで作成しています。 実行するにはブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。 JavaScriptを有効にする方法は使用しているブラウザのヘルプを参照してください。  

日本語ドメインについて

このツールは日本語ドメインにも対応しています。 ただし、そのトップレベルドメイン自体が日本語URLに対応しているかは判定していませんので、それぞれでご確認ください。   実際にドメインをレンタルしたサーバーに結び付ける場合にはドメイン名をピュニコード変換した物で申請する必要があるかと思います。 当サイトではピュニコード変換した結果の文字列を得るツールの作成し公開しているので、宜しければ登録の際にご利用ください。   日本語ドメイン(URL)変換ツールはこちら   全角文字が含まれたドメインは自動的に日本語ドメインとして処理されます。 また、日本語ドメインは15文字までとなっています。 全角文字も半角文字も1文字としてカウントするので欲しいドメインを探す際に注意して下さい。

Whois情報について

ドメインは取得する際に取得者の情報を登録します。 この情報の一部はWhois情報と言い、そのドメインの取得者の情報として公開されてしまいます。 名前や電話番号や住所などの企業の公開情報であれば便利かも知れませんが、個人で取得した場合では何かと不都合があるかと思います。   そこでwhois情報公開代行サービスです。   whois情報公開代行サービスは「お名前.com」や「バリュードメイン」等のドメインの管理を行う会社が、Whois情報を自分の代わりに公開してくれるというサービスです。   例えば「お名前.com」では通常1ドメイン毎に「980円(税抜)/年」で公開代行をしています。 しかし、「Whois情報公開代行無料キャンペーン」という登録申請時に申請するとWhois情報公開代行が「0円/年」で利用できるキャンペーンが開催されています。   お名前.comでwhois情報公開代行サービスを利用する場合には申請を忘れずに行いましょう。   ただし、全てのドメインで利用できる訳ではありませんので、そのドメインがwhois情報公開代行サービスに対応しているかも確認しておくのが良いでしょう。

検索できるドメインの種類について

トップレベルドメインはTLDと略される物でドメインの「.com」や「.co.jp」等の部分の事を指します。   このトップレベルドメインは「.com」「.net」等のように色々な種類があり、最近では「.xyz」や「.red」等のドメインも利用出来るようになりました。 また、従来は半角文字のみで構成された物のみでしたが、今では「.みんな」「.コム」等の全角文字のトップレベルドメインも新しく利用が可能とされました。   今後もトップレベルドメインは増えて行くそうですが、この「ドメイン検索ツール」ではトップレベルドメインの中でも需要があると管理人が思った物をピックアップして検索候補としています。 何か他にも調べたいトップレベルドメインがあればコメントにてお教えして頂ければ追加するかもしれません。

トップレベルドメインの取得条件

全てのトップレベルドメインは誰でもどんな目的でも取得する事ができる物ではありません。 例えば「.co.jp」は日本の法人のみが取得出来るトップレベルドメインです。   他にも「.jp」のように法人・個人を問わず日本に住所があれば登録可能という条件もあります。   トップレベルドメインが「.com」や「.net」の様に特殊な条件を満たす必要がない物も多いですが、不安であれば前もって確認しておくのも良いかも知れません。

ドメイン検索ツールの仕組みについて(技術情報)

このツールはphpの「gethostbyname」命令を使いドメインの登録があるかを調べています。 gethostbynameはドメインを引数に渡すと、そのIPアドレスを返す命令です。 もし、そのドメインは登録されていなければIPアドレスが返らずドメインがそのまま返ります。   用意するphpファイルの中身は   $in="www.".htmlspecialchars($DomainText); $res=gethostbyname($in); if(strcmp($in,$res)==0) {     print "-1"; } else {     print "1"; }   といった感じです。   $DomainTextに目的のドメインを入れgethostbynameの引数にすると、そのドメインが登録されていなければ引数がそのまま返ります。 strcmpでそれを判定し、そのまま返ってきたら-1、変化があれば1を返すphpファイルを作ります。つまり-1なら登録済みで新規登録不可能、1なら未登録で新規登録可能です。   このphpファイルにJavaScriptでドメインの名前を送る事で、そのドメインが登録されているかを判定しています。   JavaScriptは「検索」ボタンを押したら「ドメイン名に入力されている文字列」と「チェックボックスにチェックの入っているトップレベルドメイン」を組み合わせてphpファイルに送ります。   この時にsetInterval命令を使いタイマー処理を行い、並列処理を行います。 phpファイルから値が返ってくるまでを表示します。 そして返ってきた値が、もし空きドメインが有れば、無ければを表示します。  
 
 
 
独自ドメインに空きがあるか確認する際にお役立ていただけると幸いです。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする