クラウドサーバーとは


広告やTwitterで話題になったり等で急激にアクセスが増えた場合
サーバーが落ちてしまう場合があります。

クラウドサーバーはそのようにサーバーを落とさない為の仕組みを備えました。


その仕組みとは複数のサーバーを用意し並列処理をして
一つのサーバーの処理を軽減する事です。

ロードバランシングと呼ばれる、この負荷分散機能で
複数のサーバーでCPUやメモリーが余っている場合は他所へ
足りない場合はこちらへ提供してといった流動的な性能にします。

この為、一つのサーバーへ負荷が集中する事を防げ
サーバーが落ちにくくなります。

実際に利用するには仮想サーバーをレンタルし
ロードバランシング用仮想サーバーの数を選んだりなどするタイプ以外にも

VPSでも複数をレンタルし、それらVPSを接続して
ロードバランシング用仮想サーバーに出来る「ConoHa VPS」や
「さくらのVPS」等のVPSもあります。

中には共用サーバーでもこの機能で負荷分散しサービスを提供している所もあります。

特集記事
特集記事
現在キャンペーンをやっているレンタルサーバー WordPress特化型レンタルサーバー特集
格安で使えるレンタルサーバー特集 電話サポートに対応しているレンタルサーバー特集
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク