クイッカのメール自動応答機能を設定する方法

クイッカには自動応答機能という
メールを受け取った時に自動で定型文を返信する機能があります。

この機能の使い道は
「特定のアカウントで受け取ったEメールメッセージを自動返送したい場合は、自動応答機能を使用できます。休暇や不在の時、またはEメールアドレスサポートで 一般的なメッセージを送付したい場合に役立ちます。」
とあります。

この機能は特定のメールアドレスからのみの機能です。
不特定多数には使えません。

設定するにはクイッカのコントロールパネルの「自動応答機能」をクリックします。

クイッカの自動返信01
「自動応答機能」の設定ページに移動します。

クイッカの自動返信02
ここで「自動応答機能の追加」を押します。

クイッカの自動返信03
自動応答機能の修正/追加へ移動します。
このページでパラメータを入力して作成します。

■文字設定:
「utf-8」や「shift_jis」等の文字コードを指定します。
「utf-8」以外の文字コードを指定すると画面が文字バケします。

■Interval:
 同じメールアドレスに対して連続して投稿しないようにする待ち時間です。
 1時間単位で指定します。

■Eメール:
 このアドレスにメールが送られると自動応答機能が動作します。

■から:
「From」です。
 メール送信者のアドレスです。

■件名:
 自動応答機能メールの件名です。

■HTML
 このチェックボックスがOFFであればHTML文が含まれている自動応答メール内での
 html命令文が文字データとして送られます。
 ONならば自動応答メールでのhtml命令文がhtmlとして表示できます。

 つまりOFFならhtml命令文が<div>とか<table> とかの文字になります。
 ONならhtml命令文の文字色やテーブル等が反映されます。

■本体:
 自動応答の本文です。

■:を起動します。
「すぐに」と開始する日時時間を指定するモードを選べます。
「すぐに」を選ぶと即開始します。
 クイッカの自動返信05
 日付表記の部分を選ぶとカレンダーウインドウが表示され
 そこから日時時間を指定します。

■停止する:
「決して」と終了する日時時間指定を指定するモードを選べます。
「決して」を選ぶとずっと続けます。
 日付表記の部分を選ぶとカレンダーウインドウが表示され
 そこから日時時間を指定します。

■作成/修正
 パラメータに不備がある場合、エラーを知らせるウインドウが表示されます。
 クイッカの自動返信06
 不備がない場合に、このボタンを押すと自動応答機能が作成されます。

自動応答機能が作成されると確認ページへ移動します。
クイッカの自動返信04
「←Go Back」を押すと「自動応答機能」の設定ページに戻ります。

クイッカの自動返信07
作成された自動応答機能メールが一覧に追加されます。

クイッカの詳しい情報はこちら↓
クイッカ(Quicca)の詳細

スポンサーリンク